カウントダウン・メルトダウン

先月10日、東京電力の「吉田昌郎所長」の訃報に接し、再び福島第一原発事故を検証するべきと思いました。
カウントダウン
「上巻」は一週間で読みましたが「下巻」は一カ月弱を要しました。
3月12日5:44の避難指示は、原発から半径10kmであり、15:36の1号機の爆発により18:25には半径20kmの13万人余りが避難したそうです。(想定外であり、指針も計画もない避難指示だった)
この半径20kmの一部は先日まで、立ち入り禁止区域であり、周辺は現在も生活ができません。
また、最大の放射能放出は2号機の爆発によるもので3月15日9:00。
政府が住民に判断材料を十分提供しない中、この「運命の日」に自己責任で住民は避難行動をしていたという事実があるのです。
最後に、吉田所長は「機械」の人でヒーローでしたが、第二発電所の増田尚宏所長は「電気」の人で、隠れたヒーローであったことを知りました。

fukusima.jpg
tomioka.jpg
上の写真は、富岡町の国道6号線での規制箇所です(5月に行ってきました)
「死人」はでていないという政治家がおりましたが、せめて、この本を読んでほしいと思います。
建物はあるけど人が住んでいないという「街」が日本にあるのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

プロフィール

wakwakwak

Author:wakwakwak
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク