日本の古寺2

今回は臨済宗妙心寺派、茨城県の「長勝寺」へ参拝しました。
長勝寺
この写真からは実際のお寺の大きさが分かりませんでした(広いのです)
長勝寺1
長勝寺2
雑誌の写真は、かなり古ぼけていましたが実際は手入れもよく「古刹」というイメージです。
御朱印はいただけるのかなと不安も一時ありましたが、経路も示されていて
いかにも禅僧という古老のご住職自らが書いていただきました。
つづいて日蓮宗大本山、千葉県の「法華経寺」
渋滞
中山競馬場の市川駐車場が近くにあるためか渋滞、そして猛暑
外気温
外気温36度!
法華経寺
さすが大本山、境内が広い、しかし御朱印を書かれた僧侶の方はジャージ姿(本山らしくない)
もしかして職員の方だったかも・・・
法華経寺1
法華経寺2
しかし、色々なお寺が日本国中あるものです。
来月は、梅雨真最中の「美ヶ原」へ予定していますが天はいかがか




スポンサーサイト

君たちはどう生きるか

明恵は、「阿留辺畿夜宇和(あるべきようは)」を座右の銘にしていたといわれている。「栂尾明恵上人遺訓」には、
 『人は阿留辺畿夜宇和(あるべきようは)の七文字を持(たも)つべきなり。僧は僧のあるべきよう、俗は俗のあるべきようなり。乃至(ないし)帝王は帝王のあるべきよう、臣下は臣下のあるべきようなり。このあるべきようを背くゆえに一切悪しきなり。』
 とあり、貞永式目の精神的バックボーンをなすものとも言われている。

京都「高山寺」にあるといわれている石碑
あるべきようわ

数年前参拝した時には知らなかったのですが、ネットで見つけました。
小生20歳のころ「あるべきように」という七文字を教わりました。
その後、あるべきようにではなく「あるべきようわ」と自問することが大切と知りました。
しかし、区別していない考えもあり「に」と「わ」にこだわらなくてもよいようです。
君たちは
先日、「君たちはどう生きるか」を読みました。
最近の著作かと思っていましたが、戦前であり、戦時中も読まれていたそうです。
池上
ということを、池上彰氏の前書きで知りました。
でも、明恵上人は鎌倉時代ですから人間はいつでも同じようなことを考えているようです。

一昨日、以前勤務していた会社の一つ下が急逝したと聞きました。胃がんだったそうです。
葬儀は今日ですが、要介護4の母親の見守りで身動きがとれません。家族もそれぞれ予定があり不在です。
この場で「合掌」
彼は、会社を何度か変わっていましたが現役だったのです。
数年前には、別会社で勤務していた時に事故で急逝した同期入社もおります。
聞くところによると、労災保険と会社でかけていた保険等で、遺族には五千万の見舞金が支払われたそうですが・・・

死ぬまで現役という考えの時もありましたが、それは「孫」の成長を見てからという条件があります。
生き様を考えていても、「死」は突然に襲います。

朝方の夢で、両親と対座して葬儀の話をしたのです。
その時、母の衣装は覚えていませんが、父は浴衣でした。(父は2011年10月逝去)
会話したのは父とだけでした。
突然「あるべきようは」を思い出し、頭の中でグルグル巡り、保存記録を探し出し、思いつくままに記録しました。



高遠城址公園

当初は想定内の満開予定でした。
満開

しかし、この後は想定外がありました。
落下盛ん

さらに追い打ちで、金曜日までの午前6時開園から8時に変更となり無料駐車場も一部閉鎖となりました。
それだけ人出が激減予想というくらいの落花!
週末アクセス

でも、午前6時前に公園入口を下見したなら、有料駐車場へ10台以上は並んでいました(時間変更を知らなかった?)
小生は、8時チョイ過ぎ行きましたが100人以上は入園していました。
城址公園北口

まぁ、遠方からの花見ではこういうこともあります。



花見予定

今年は念願の「高遠城址公園」さくら祭りを計画しました。
IMG_7067.jpg

過去10年の満開予想日を平均すると4月15日となりました。
最悪でも散り始めが14日なので、14日(土曜日)を目指します。

というか、宿泊は先月初めに予約済みです。吉と出るか凶と出るかは、遠隔地の宿命のようなものです。
ちなみに、1か月前では伊那市周辺の宿泊地は満室でした。

日本三大不動

最近購入した「死ぬまでに参拝したい日本の古寺100」
古寺100
五木寛之の古寺巡礼と、かなりかぶっていましたが、日本三大不動に数えられる六三除け祈祷発祥の地「中野不動尊」へ参拝してきました。良い天気でした。
福島の飯坂温泉近くにあります。
中野不動尊1
開山は修験道だが、明治の終わり曹洞宗に改め「中野山大正寺」となっているそうです。
また、奥の院にある「大日堂」は、開山800年を記念して、昭和54年に建立とありました。
中野不動尊2


 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

wakwakwak

Author:wakwakwak
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク